観光目的地

昭和の杜博物館【休館中】 Showa no Mori Museum

先代館長20年来の昭和コレクション、モノを大切に思う気持ちが Former owner pearsonally collected Showa period's items spending 20 years.

この博物館は、時代の先駆けである昭和時代を来館の人達になつかしく、又、楽しんで昭和の頃を想い出してもらい、又、昭和時代を知らない子供達にも将来必ず役に立つ物への大切さ、自然の中での生活と共に歩んでほしい。そんな想いの博物館です。「地域の児童・生徒に見学・学習してもらい、物の大切さを学んでもらいたい。」というコンセプトで、先代館長の吉岡さんが約20年かけて私的に集めたコレクションが展示されています。昭和の懐かしい雰囲気が好きな人にもオススメの施設です。中でも圧巻なのは、クラシックカーの展示。オート三輪などの懐かしい自動車のほか、映画「Always・三丁目の夕日」の劇中車としても使用されたスーパーカブなど、多数の展示は車好きでなくても一見の価値ありです。 また、馬橋~流山間を走る流鉄流山線を平成25年4月に退役した、人気車両「なの花号」も博物館に登場、車両は現役時代そのままの姿で運転席にも入れます。
住所 紙敷1377
電話番号
営業時間
定休日
ホームページ
最寄り駅
  • 秋山駅
駅からのアクセス 徒歩16分
備考 現在休館中となります。
タグ
前に戻る