観光目的地

水上勉氏旧居跡 The former site of Tsutomu Mizukami's residence

作家水上勉は昭和32年(1957)から約2年間下矢切に居住しました Tsutomu Mizukami; a writer was living in Shimo-yakiri for two years from 1957.

社会派推理小説家として、また貧しい生活者に視点をおいた叙情的な小説で独自の作風を確立した水上勉氏は昭和32年(1957)から約2年間松戸市下矢切に在住していました。その間に氏は推理小説「霧と影」を発表し作家として一躍脚光を浴びることになります。作品「霧と影」や自叙伝「私の履歴書」「冬日の道」などには矢切時代のことや松戸の地名が書かれています。
住所 矢切駅前ロータリー
電話番号
営業時間
定休日
ホームページ
最寄り駅
  • 矢切駅
駅からのアクセス 駅交番前
備考
タグ
前に戻る